代行かあさんブログblog

家事代行、ベビーシッター、介護保険適用外サービスの「代行かあさん」のブログです。

1日で部屋が片付く「お片付け収納1日パック」って?(前編)

タンスに服をしまう

突然ですが、あなたは部屋が片付かないことで悩んでいませんか? 部屋がごちゃごちゃと片付かないままだと自宅にいても落ち着かず、ゆっくり身体を休めたり心からリラックスしたりできないので困りますよね。ここでは「部屋が片付かない」という悩みを抱える方に向けて、1日で部屋がスッキリと片付き、その後も長期間キレイな部屋をキープできる方法をご紹介します。

 

「片付かない……」の原因とは?

部屋がなかなか片付かないと感じている方のほとんどは、「いるものといらないものの区別をつけるのが不得意」「ものを上手に収納するのが苦手」という傾向にあります。そのため、ものが捨てられず部屋中にあふれかえってしまったり、たくさんのものをどこにどう片付けてよいかわからず、つい床や机やベッドの上に置いてしまったりして、部屋がどんどん散らかってしまうのです。

 

プロの手を借りるのが確実!

そうした原因を頭ではわかっていても、すぐにできるようにはならないのが事実。苦手なことをいきなり改善するのは難しいですよね。これまで何度も自己流の片付けや大掃除で失敗し、嫌気がさしたり何をやっても無駄だと感じたりした経験がある方も少なくないでしょう。

そんな方にはぜひ、家事代行サービスを利用し、プロの助けを借りることをおすすめします。大阪を中心に家事代行サービスを展開する「代行かあさん」では、いるもの・いらないものの区別(判断)がつかなくてお悩みの方、きれいな収納の仕方がわからない方にぴったりの「お片付け収納1日パック」というプランをご提供しています。

 

「お片付け収納1日パック」とは?

お片付け収納1日パックは、片付けが苦手なお客さまのご自宅の整理整頓・収納を代行するサービスプランです。自分ではなかなか判断できない「いる・いらない」の仕分けをプロの目線ですみやかに行い、普段から使いやすく、取り出しやすく、片付けやすいように収納します。

このプランでは、お客さま一人ひとりのライフスタイルやニーズを考慮しながら整理整頓・収納を行います。いるもの・いらないものを仕分ける際も、お客さまのライフスタイルやご希望をしっかりとうかがい、納得していただいたうえで仕分けをするので、長期にわたって整理整頓された状態を維持しやすくなります。

また、高齢の方がいる場合は、タンスの低い部分にその方の洋服や荷物を収納する、足腰の悪い方がいる場合は楽に調理ができるようキッチン棚から重いものを間引くなど、お客さまの暮らしやすさを第一に考えた収納を行っています。

このように代行かあさんでは、お客さまの今後の生活がよりよくなるサービスを目指しています。そのため、「捨てたくないものまで捨てられてしまうのでは?」「他人に整理整頓・収納されると、いざ自分が使うときに使いづらくなりそうで抵抗がある」という不安を抱く心配はありません。

 

「整理が持続する収納」でキレイな部屋をキープ

お片付け収納1日パックは、「そのときだけ」部屋をキレイにするサービスではありません。お客さま一人ひとりの生活を考え、使いやすさ・暮らしやすさを重視した「整理が持続する収納」を行いながら、日常で使える収納のコツもしっかりとお伝えします。

そのため、お客さま自身でキレイな部屋をキープするのが楽になること間違いなし。「せっかくキレイにしてもらったのに、すぐに元通りになってしまった……」と残念な思いをすることもきっとなくなるはずです。

整理整頓や収納が苦手な方が自己流でそれらを行い、キレイな部屋を自力でキープするのにはかなりの労力や負担を必要とします。お困りの方は一人で悩まず、ぜひ大阪の代行かあさんがご提供するお片付け収納1日パックをご利用ください。「依頼してよかった!」ときっと思っていただけるはずです。

ホームページはこちら

1日で部屋が片付く「お片付け収納1日パック」って?(後編)

« »