代行かあさんブログblog

家事代行、ベビーシッター、介護保険適用外サービスの「代行かあさん」のブログです。

知っておけば損しない!「家事代行」と「家政婦」ってどう違うの?

寝具を整える女性

「家政婦」と「家事代行」、どちらも家事を代わりにやってもらえる有料サービスである点は同じですが、いったい何が違うのでしょうか?今回は、家政婦と家事代行のサービスの違いについてご紹介していきます。「気になっていたけどよくわからないので躊躇していた」という方は、この機会に自分にピッタリのサービスを探してみてください。

 

家事代行は必要なときだけ頼めるからお得!

家政婦と家事代行の大きな違いは、「雇用関係」にあります。家政婦は依頼する家庭が直接雇用する関係であるのに対し、家事代行会社に雇われたスタッフが家庭に派遣される形式をとるのが家事代行です。

家政婦の場合は直接契約を結ぶため、万が一のトラブルの際は各家庭で対処しなければなりません。それに対して家事代行では、契約するのはスタッフ本人とではなく家事代行会社となるので、雇用に関する細かな作業を省けるほか、トラブルが起きた際も会社が対応してくれるため安心です。

 

家事代行が家政婦より安い理由

家政婦と家事代行のもう一つの大きな違いは「料金形態」です。「セレブが利用するサービス」という印象が強いかもしれませんが、一般家庭でも気軽に利用できるサービスはあるのでしょうか。

 

家政婦の場合

専属契約となることが多い家政婦の場合は、雇用主の家庭で一日にわたって生活のサポートをする役目を担います。料金形態は「日給」や「月給」になるケースが一般的で、拘束時間が長いため給与も高額に。そのため、家政婦を雇うとなると一定以上の収入を得ている家庭でなければ難しい――ということになります。

 

家事代行の場合

家事代行は時間単位での依頼が可能。必要な家事を必要な分だけお願いすることができるため、無駄なく活用できるのがメリットといえます。毎日は必要なくても力を借りたいときだけ依頼できるのがメリットで、経済的な負担も家政婦を雇うより少なく済みます。家政婦のイメージから「家事をお願いできるのは富裕層だけ」と思われがちですが、家事代行サービスは一般家庭でも気軽に依頼できる料金設定になっています。

 

大阪の家事代行なら「代行かあさん」がおすすめ

「毎日ではなくていいので、たまには家事を休みたい……」。そんなときこそ家事代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。共働きの家庭が増えている影響で家事代行のニーズも高まりつつあり、それに合わせて家事代行サービスを提供する業者も増えています。その中でも、サービスの幅が広くて便利なのが、大阪を中心にサービスを展開する「代行かあさん」です。

代行かあさんのサービスは「1時間2,000円~」という手軽な料金設定となっているため、家事代行を利用したことがない方でも安心です。料金は安くてもサービスの質は高く、掃除・洗濯・料理はもちろん、アイロンがけや郵便物の受け取りなど、細かいニーズに対応してくれます。

「徹底的に掃除をしたい」「栄養バランスのとれた食事を作ってほしい」「単身赴任や一人暮らしの生活をサポートしてほしい」など、さまざまなニーズに応えてくれるプランが用意されています。掃除や収納の経験豊富なプロが担当するのはもちろん、料理を作る際は調理師や栄養士の有資格者がヒアリング内容をもとに献立を作って調理してくれるので安心です。

サービスを開始する前には細かくヒアリングしてくれるので、「どんなことをお願いしていいかわからない……」という方でも心配なし。打ち合わせをもとに最適な家事プランを提案してもらえるので、お客さまの要望やライフスタイルに合わせた満足度の高い家事サービスを受けられるはずです。大阪近辺にお住まいで家事代行を探している方は、ぜひ一度お試しください。

ホームページはこちら

« »